コラム

病気・症状に対する漢方

【症例】46才 女性 パート 身長158cm体重47.5kg ★主訴 腰痛 症状は3年ほど前からあり、前屈みで長時間作業する仕事をするようになってから腰の痛みを感じるようになった。仕事は週3日で、休みの日は症状が楽になっ

喘息とは、いろいろな吸入刺激に対して、空気の通り道である気道が過敏に反応し、気道の内腔が狭くなる病気です。発作的に咳が出たり、ゼーゼーやヒューヒューといった喘鳴音を伴う呼吸となり、呼吸困難に陥ることもあります。喘息患者の

【症例】 61才 女性 主婦 身長161cm 体重50kg ★主訴 10年以上前から足下からふらつきを感じるようになった。身体が疲れ易く、立ちくらみがする。地に足がついていないような感じがする。 ★体質 疲れ易く、身体が

女性のお悩み相談

膣の中にはたくさんの細菌が常在しています。腟内は通常は、細菌の1種である乳酸桿菌によって適度な酸性に維持されていて、この働きが腟内を健康に保ち、感染を起こす細菌や真菌の増殖を防いでいます
。 カンジダ症は、カンジダ‐アル

更年期障害は成熟期から老年期へ移行する時期にホルモンバランスが変化することによって様々な症状を引き起こすものです。加齢に伴い急速に性腺機能が低下し、特に卵巣では卵胞発育、排卵、黄体形成の機能が低下し、これに伴い女性ホルモ

月経のシステムは、脳の視床下部や脳下垂体、卵巣、子宮、そして性ホルモンの連携プレーによって起こります。この連携プレーが上手くいかないと月経周期が不規則になったり排卵をしないなどの症候が現れます。 この連携プレーをスムーズ

漢方養生健康法

健康とは、身体の恒常性維持機能が正常に働いている状態です。恒常性とはホメオスタシスといい、人間の様々な機能(血圧や体温、皮ふや臓器の状態)を一定に保つ働きです。我々はみんなこの機能により健康を維持できたり、病気や怪我から

 田七人参とは、中国が主産地のウコギ科の多年生植物の根のことをいい、田七人参・三七人参などと呼ばれる生薬のことで、高麗人参の仲間です。  田七人参に含まれている成分としては、βシトステロール、パナキシノール、ジンセノサイ

 アトピー性皮膚炎でステロイドを使われる方も多いことでしょう。ステロイドというお薬はつらい症状を鎮め、アトピーや皮膚病治療の大きな手助けとなります。正しく使えば非常に効果的なステロイドも、使用過度などで免疫を低下させたり

肥満 糖尿病生活習慣病専門ページ

菊芋とは 菊芋は北アメリカ原産のキク科の植物で、学名をヘリアンツス・ツベロススHeliantus tuberosusといいます。



秋に美しい花を咲かせ、霜が降りるころまでに、イモが大きくなります。

菊芋はとても、

肝気鬱結タイプ:
主に精神的ストレスが原因で、肝の気の流れが滞る(鬱結)と、気や血の流れも滞り、肥満症となります。 代表的な漢方薬 
大柴胡湯(だいさいことう) 加味逍遥散(かみしょうようさん) 

悪血タイプ
:血が汚

東洋医学の古典では糖尿病という言葉は出てきません。糖尿病は、飽食の時代を迎えた現代特有の病気といえます。しかし糖尿病は皇帝病とも言われ、昔から一部の裕福な人たちの病として、漢方では「消渇(しょうかち)」という病名で「口渇