梅醤番茶

梅醤番茶

「毎日梅干しを3個食べると出世する」と聞き、毎日3個食べていたことがありました。
そのお陰で出世できたかどうか定かではありませんが、梅干しを食べるようになってから風邪を引いたり、体調を崩すことも少なくなり、会社を欠勤することが少なくなったのは事実です。
梅干しには、内臓を強くしたり、血液をサラサラにしたり、食欲を増強させたりする効果があると言われています。そのため、毎日梅干しを食べることで体調が良くなり仕事や作業能力が上がり、結果的に出世しやすくなるということなんでしょうね。

梅は、東洋医学的な効能として、”生津止渇(セイシンシカツ)”・・・唾液などの分泌を促進し、口の渇きを治す。”斂肺止咳(レンパイシガイ)”・・・肺の機能を回復させて、咳を鎮める。”渋腸止瀉(ジュウチョウシシャ)”・・・腸の機能を回復させて、下痢を止める。などがあります。さらに研究でわかっていることは、”駆虫作用”、”抗菌作用”、梅の成分であるクエン酸による疲労回復や老化防止。抗がん作用などです。



梅干しは酸っぱくて苦手という方にもおすすめの梅干しを使った健康飲料があります。昔から伝わるおばあちゃんの知恵です。簡単にできますので是非試してみて下さい。

梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)
作り方
①中くらいの梅干し1個を湯飲み茶わんに入れます。
②箸で種を取り去り、よく突いて練ります。
③醤油を小さじ1杯入れてさらに練り、生姜おろし汁を2~3滴落とします。
④その上に熱い番茶を注ぎます。
⑤よくかき混ぜて飲みます。

胃腸が弱っているときなどに効果を発揮します。

毎朝1杯飲んで出かけるのも良いでしょう。免疫力を高めたり、血流改善などの治療的効果を期待するには、青梅の果汁を煮詰めて造られる梅肉エキスが良いそうです。

カテゴリー:漢方養生健康法

漢方養生健康法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*