膣カンジダ症・膣トリコモナス症

膣カンジダ症・膣トリコモナス症

膣の中にはたくさんの細菌が常在しています。腟内は通常は、細菌の1種である乳酸桿菌によって適度な酸性に維持されていて、この働きが腟内を健康に保ち、感染を起こす細菌や真菌の増殖を防いでいます
。

カンジダ症は、カンジダ‐アルビカンスという酵母による真菌感染症です。カンジダ‐アルビカンスは皮膚表面や腸管内や女性の性器周辺に普通に存在しています。普通は問題ないのですが、これが腟内に広がり感染症を起こすことがあります。カンジダ症は性行為によって感染する病気ではなく、妊娠中の人、太りすぎの人、糖尿病の人になど、抵抗力が低下している方に見られ、月経中にも発症しやすくなります。また、免疫系の働きが薬や病気(エイズやガンなど)により抑制されている人でも発症しやすくなります。
またカンジダ症は、抗生物質を使用している人にもみられます。抗生物質により、普段はカンジダと競合して真菌の増殖を抑えている細菌が死んでしまうからです。また免疫機能が低下している人などでは、血流に乗って体の他の部位にカンジダ症が広がることがあります。


トリコモナス症は、腟トリコモナスという原虫によって腟や尿道に起こる性感染症です。圧倒的に女性が多く感染します。治療せずに放っておくと不妊症の原因にもなります。早めの治療が何より大切です。

悪臭を伴う帯下や、外陰部掻痒感または灼熱感などがあるときは、漢方薬がよく奏効します。医者に行くことが何より先決ですが、何となくおかしいな?て思っても医者に見せるのをためらう方も多いようです。悩んでいる方は漢方薬の服用も検討してみて下さい。よく感染症になりやすいという方は、なりにくくすることもできます。お気軽にご相談下さい。

カテゴリー:女性のお悩み相談

女性のお悩み相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*