漢方へのこだわり

漢方へのこだわり

漢方の根底は養生である

1漢方は大陸伝来の医学であり、日本においては江戸時代より発展してきました。漢方薬は東洋医学の一部分であり全てではありません。また東洋医学は西洋医学と対比した言い方であり、本来は東洋哲学という呼称がふさわしいでしょう。東洋哲学は養生を主体とした、健康を保ち病気を防ぐ生き方を伝えています。養生とは生を養うと書くように、健康に生きるために必要な正しい生活をすることです。養生には、心養生、食養生、動養生、休養生、性養生などがあります。ところで、人はなぜ病気になるのでしょうか。

それは日常生活における不摂生、例えば偏食、夜更かし、運動不足やストレスなどが積み重なることで少しずつ病気への階段を上りつめた結果とも言えるでしょう。このような状況に対しては、対処療法だけでは根本的な解決を得ることはできないでしょう。生活を正し、自然の摂理に則った食事や運動、心の持ち方がすなわち養生といえるのです。
その養生に目を向けて、実際に自ら実行し、人間の本来あるべき機能を取り戻すお手伝いをするのが我々漢方家の役割と考えます。

漢方専門店なのになぜ健康食品が置いてあるの?

健康食品当店は、漢方専門店であり、決して漢方薬専門店ではありません。先に記した通り、漢方とはすなわち養生学であり、漢方薬はその一部に過ぎないのです。純粋に漢方薬が欲しいという方には漢方薬をお渡しします。でも真のニーズは漢方薬が欲しい訳ではなく、病気を治したい、健康になりたいということだと思います。病気を治すために漢方薬(医薬品)ではなく、霊芝や田七人参が必要な方にはそれをおすすめしますし、年を重ね、身体が弱り、冷えている方には漢方薬以外に鹿茸もおすすめします。

仕事柄毎日のように外食で栄養不足カロリー過多のために生活習慣病に罹った方には、栄養補助と代謝を上げ身体の錆を取るスピルリナ食品を漢方薬と一緒におすすめします。
おすすめするというと売りつけられるんじゃないかと思われる方もいるでしょうが、調合する漢方薬以外の養生商品(健康食品やサプリメント)は店頭に並んでいるものを紹介するだけです。ご希望の商品があればお客様が自分から手に取ってご購入いただきます。もちろん食事など生活改善のご提案もします。ご希望の方には玄米などの自然食品もお取り寄せすることもあります。私どもは漢方専門店として、健康で長生きするための方法を東洋哲学から学び、それを実践体感し、お客様にお伝えしているのです。

当店で扱う漢方薬は、残留農薬や重金属、ヒ素などの安全基準をクリアした生薬のみを厳選して使用しています。1万人以上の相談実績のある漢方に精通した薬剤師が一人一人の症状や体質を詳しくお聞きし、適切な漢方薬を処方致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*