病気・症状に対する漢方

どのような病気や症状に漢方薬が効果があるのか、病気の知識と漢方の考え方を具体的な症例とともに解説します。

【症例】46才 女性 パート 身長158cm体重47.5kg ★主訴 腰痛 症状は3年ほど前からあり、前屈みで長時間作業する仕事をするようになってから腰の痛みを感じるようになった。仕事は週3日で、休みの日は症状が楽になっ

喘息とは、いろいろな吸入刺激に対して、空気の通り道である気道が過敏に反応し、気道の内腔が狭くなる病気です。発作的に咳が出たり、ゼーゼーやヒューヒューといった喘鳴音を伴う呼吸となり、呼吸困難に陥ることもあります。喘息患者の

【症例】 61才 女性 主婦 身長161cm 体重50kg ★主訴 10年以上前から足下からふらつきを感じるようになった。身体が疲れ易く、立ちくらみがする。地に足がついていないような感じがする。 ★体質 疲れ易く、身体が

【症例】 46才 女性 自営業 身長148cm 体重48kg 7年前にご主人と二人でお店を出した。経理は奥様が行い、自宅の家事もするため、床に付く時間が不規則となり、ストレスが重なり寝付けなくなった。3年前くらいから睡眠

【症例】  71才 女性 主婦 身長156cm 体重51kg 2ヶ月前に風邪をひき、その後咳が治まらない。特に寝床に入って暖まるとひどく咳き込む。市販の漢方薬麦門冬湯を4日間服用。昼間の咳は少しいいような気がするが、夜の

多汗症は読んで字のごとく、「人よりも多くの汗をかく病気」ということです。熱がある時や、高温の環境下ではだれでも汗をかきますが、多汗症の人がかく汗の量が違います。またこのような状況下でなくても常に汗をかく場合もあります。ま

耳鳴りの定義は「外界からの正常な音刺激がないのに、耳あるいは頭の中に音が感じられる状態」というのが一般的な耳鳴りの定義となります。
その症状というのは、左又は右の耳の近く、あるいは頭の中で何かしらの音が聞こえるというもの

喘息とは、いろいろな吸入刺激に対して、空気の通り道である気道が過敏に反応し、気道の内腔が狭くなる病気です。 発作的に咳が出たり、ゼーゼーやヒューヒューといった喘鳴音を伴う呼吸となり、呼吸困難に陥ることもあります。喘息患者