風邪の後の長引く咳

風邪の後の長引く咳

【症例】 
71才 女性 主婦 身長156cm 体重51kg
2ヶ月前に風邪をひき、その後咳が治まらない。特に寝床に入って暖まるとひどく咳き込む。市販の漢方薬麦門冬湯を4日間服用。昼間の咳は少しいいような気がするが、夜の咳は一向に治まらない。
胃腸の調子は良く、食欲はある。便は1日1回きっちりあり、尿は回数が少なく、色は濃い。夜足が火照って眠れないことがある。舌は紅、舌質は乾燥。

【弁証と経過】
舌の乾燥、普段より足が火照ることがあることから陰虚が根底にあり、風邪が長引いたことにより津液が低下したため、陰虚状態が加速したものと考え、麦門冬湯に補陰効果高めるため天門冬、さらに熱を鎮める黄柏、地母を配合したお薬を2週間処方しました。2週間後に来店した時には、咳はまったく出なくなったとのこと。足の火照りはまだあるということなので、不眠をターゲットにさらに2週間分処方。漢方を飲んでいるせいか、気持ちが落ち着き、イライラしなくなったと言う。1ヶ月分購入。足の火照りはまだあるが、以前ほどではなく、眠れるようになってきた。ただ、漢方の苦みが気になり飲む気がしないというので、清熱の苦い生薬を含まない処方に変更。その漢方薬は少し酸味があり、美味しく飲み易いといおうことで、その後しばらく服用されました。

カテゴリー:病気・症状に対する漢方,コラム

病気・症状に対する漢方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*